ヤーコンを使った子供も大好きレシピ

ヤーコンは栄養が豊富で、生食、サラダ、炒めもの、揚げ物などさまざまなレシピに幅広く使えます。

ヤーコンを使ったレシピを知ろう

ヤーコンというのは健康に良いと静かなブームになっている野菜です。まだあまり知名度が高くなく、健康食品としても知られていますが、野菜として調理して食べることもできます。ヤーコンはキク科の植物でアンデス産の野菜です。野菜として主に食べられるのは根菜で、サツマイモに似ています。葉も食べられるとされています。今回は根の部分のヤーコンのレシピを紹介します。ヤーコンは芋のようにさまざまな調理に利用することをおすすめします。ヤーコンはビタミン、ミネラル、イヌリン、フラクトオリゴ糖、ポリフェノールなどが豊富に含まれているので献立に取り入れたいものです。

ヤーコンはサツマイモに似ていますがサツマイモに比べてしゃきしゃきとした歯ごたえがあり、さっぱりした味をしています。どちらかというとレンコンのような歯ごたえで梨や大根に味が近い野菜ですから、キンピラ炒めにするとおいしく食べられます。また、細切りにしてマヨネーズやドレッシングであえるサラダにするのもおすすめです。細かく刻んでハンバーグやつくねに混ぜるとしゃきしゃきした食感が楽しめ、子どもでもヤーコンを喜んで食べられるようになります。天ぷらやかき揚げもおすすめです。煮崩れしにくいので煮物の具にも適しています。生食のレシピでも食べられるので酢のものや野菜ジュースにもおすすめします。調理する際に気をつける必要があるのは、ヤーコンのあくです。あくが強い野菜なので、皮を剥いてカットしたら水にさらしてしばらく漬けておきます。酢水につけると効果的です。あまり長く漬けると栄養が流れ出るので1分程度でOKです。

Copyright (C)2017ヤーコンを使った子供も大好きレシピ.All rights reserved.