ヤーコンを使った子供も大好きレシピ

近頃、野菜売り場に売られるようになってきたヤーコン。でもどう料理すればいいのかわからない人のためのレシピ。

野菜界のルーキー!ヤーコンのレシピ

皆さんヤーコンという野菜をご存知ですか?私は10年ほど前に震災で大きな被害を受けた岩手県の陸前高田市で特産品として売り出していた時に初めて知りました。初めての食感でそれ以来大好物になりました。あれからずいぶんたちましたが、なかなか売っておらず購入出来なかったものの今はお店で売られるようになり、いろいろなレシピで楽しんでいます。ヤーコンは、南米のアンデス山脈地方原産で、キク科の植物です。形はまるでさつまいもにそっくりで、しかもキクイモという名前で売られていることもあり、イモのような味と食感なのかと思いましたが、ジャガ芋ともサツマイモとも違うものです。特に面白いのは、生でも食べられるところです。オリゴ糖を含んでいるため、優しい甘さがあり、食感はしゃきしゃきとして、まるで果物の梨のようです。生食の他には、もちろん炒めても煮ても蒸しても美味しく料理することが出来ます。

レシピですが、生ならば、サラダはいかがでしょうか。ヤーコンの皮をむき、千切りにして水にさらしアクを抜きます。アク抜きしたヤーコンは、塩でもみ水を絞ります。きゅうりやツナ等と和えてマヨネーズで味付けします。炒めるならばキンピラがオススメです。やはり水にさらしてアクを抜いたヤーコンを炒め、砂糖醤油で味をつけ、仕上げに胡麻をふります。シンプルに塩で味付けした塩炒めもいいですね。煮物にも使えます。煮ると少しねっとりとしてまた違う食感が楽しめます。豚肉と一緒に煮ても美味しいですよ。とにかく甘いのでデザートとしても食べられます。少し渋味がありますが、生のヤーコンをヨーグルトと一緒に食べたりもいいですよ。

栄養的にもオリゴ糖とポリフェノールを含みますので、健康にもいいですし、なによりも料理のレパートリーが増えます。さっそく試してみてはいかがでしょうか。

Copyright (C)2017ヤーコンを使った子供も大好きレシピ.All rights reserved.